FC2ブログ
Entry Navigation

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
category
スポンサー広告

思いついた言葉、ふたつ。

ポエムとか詩とか、
書くの嫌いで、というか
トラウマに関わる事があってだな。
ずっと書けずにいた。

でもこういうのって
信じられない勢いで
唐突に振って来るから困る。
しかしどことなく
歌詞っぽくなるのは
ちゃんとした詩とか読んだ事無いからか。



その① さみしいきふじん


醜悪な貴婦人
醜悪な貴婦人
醜悪な貴婦人
マカロンを蹴り潰し
ジャムの小瓶を踏み砕く

醜悪な貴婦人
醜悪な貴婦人
醜悪な貴婦人
鬱屈した想いはヌガーのように
彼女のからだを満たしてく

醜悪な貴婦人
醜悪な貴婦人
醜悪な貴婦人
使用人の眼を潰し
赤子の腕を引き千切る

醜悪な貴婦人
醜悪な貴婦人
醜悪な貴婦人
ついには屋敷にただひとり
ドレスも手足も凍りつく

醜悪な貴婦人
醜悪な貴婦人
醜悪な貴婦人
列車に飛び込み
潰され砕かれ引き千切られて

事情を知らない町の庭師は言うだろう
「あんなに美しい人が可哀想に」

醜悪な貴婦人
醜悪な貴婦人
醜悪な貴婦人
愛欲しさに愛を遠ざけた
可哀想な醜悪な貴婦人


---------------------
乗り換え駅の、階段下りてる間にほぼ全文思いついた。
迅の頭の中に居る小説家さんは、
こういうのいいから小説を書いて下さい。
なんのポエムなんだよこれ。
ツンデレというよりはヤンデレに近い俺さ!
書こうと思えばSSが書けそうだけど、
だからそういうのいいから長編だよ俺!



その② 両手

会社の胡蝶蘭から花芽が出た。
夏の間に太陽の温かさを与えられることなく、
冷房の冷たい風に当たっていた小さな胡蝶蘭から。
花芽はふたつ。
西の空に向かって、手を差し出すように伸びている。
ろくな世話をしなかったけれど、気にはかけていたのだ。
水をやり、土を足し、枯れた葉を取り。
綺麗な花は咲くだろうか。


---------------------
ポエムってか、日記に近い。
咲くかなぁ。
枯れないようにしないとなぁ。
スポンサーサイト
category
創作

狂乱のいない×クロノ・ザ・キッドの石ビートル

さすがに6冊のタイトルを融合は無理だった。
ソラトロボひと段落して、久々に行った本屋で6冊買ったのです。
って結構、いか相当前だけど。
キングダムハーツのDSやったりしてるんですが。

とはいえ読みましたので。ごそっとネタバレで感想いきますよ。



category
小説

ソラトロボ

最近更新してなかったな。
いや、ネタはあったのだけど。


ともあれソラトロボ、クリアしました。
なんか既にワゴンに並んでる所も
あるらしいけど、勿体ないなー。

やっぱあれかな。
あのキャラクターが受け入れられないと無理なのかな。
設定も含め、ちょっと古めかしい感じもするしね。
ボクが小さい頃に見てたアニメっぽい感じ。

あとロボに乗ってるのに銃火器装備無しで、
物理的に相手持ち上げて叩きつけるっていう
戦闘システムに「えぇ!?」ってなるのかもしれないね。
でもそれがゲーム的にすごい面白かったんだけどなぁ。
やらないと分からない面白さのあるゲームだったよ。


<良かった点>
・操作感
 すっごく良かった。さっくさく操作。
 ロード時間がすっごい早いのはもちろんだし、
 効果音もガションガション気持ちよくて、
 ボタン押してるだけで気持ち良かった。
 ちょっとこれは最近稀に見る気持ちよさだったかも。

・テンポ
 これも前述の操作感に関連するけど、
 イベントシーンの各種演出がまた良かった。
 カットインの仕方とか、サクサクして。
 キャラボイスが同じの2~3回連続で出るのは
 たまに笑っちゃったけど、まあそこは御愛嬌。
 特にレッドの「ぅおおお!」と、
 バイオンの「ドッ…グ……」(そう聞こえる)がね。
 もう「犬……」にしか聞こえないという恐怖。

・キャラクター
 なんかな、じわじわくる。
 まず女の子が可愛い。エルたんとか。フロマージュさんも好き。
 ショコラたんはあれ13歳って嘘だろ。将来が怖ぇよ。
 ぶっちゃけ主人公は第二部に入るまで
 すっごいどうでも良かった。
 典型的な熱血主人公って、あまり感情移入できなくて。
 でも最終的にはあの骨を投げて「そーら取ってこーい!」って
 やりたくなる程度には好きになってました。
 もふもふしたくなるよ。ムツゴロウさん撫でしたくなるよ皆。

・クエスト
 まあこれはボクが好きってだけだけど。
 小さいクエストいっぱいあるの好きなんよ。

<良くなかった点>
・トランス時間
 てか、これくらいしかない。総じて良かったと思うんだ。
 ネタバレだけどOPで出てきてるからさらりとネタバレするけど、
 主人公はトランスして人間っぽい見た目になります。
 その人間状態時はパワーアップしてて強いんだけど、
 この時間がいかんせん短いなと。
 1.5~2倍くらいの時間はトランス継続出来て欲しいなと。
 それと、トランス時はレッド上裸になるわけだが、
 それはあれか、ライナ・リュート的なあれか。
 まあ下は穿いてるから良しとするが……
 なんだろうな、俺、ムキムキ苦手だけど、
 上裸も苦手かも知れないな。
 服を着ろおおおお!!!

・ボリューム
 まあ逆にさくっと終わって良かったと言えばそうなのだけど。
 もう2~3時間くらいのボリュームが欲しかったな、と。
 


以下今度こそネタバレ含みます。
周囲に語れる人いないので、放出します。
category
ゲーム

大神伝

クリアしますたー!
総プレイ時間 27時間30分(およそ)
評価 神!

チビ公はレベルマックス!
薬師村移住希望者全員移住完了!
全神器最大まで強化完了!
筆しらべ全奥義習得完了!


さてここで残念なお知らせです。



イッスンの傑作5の、
10番目だけ取り逃しました。



ああそうだよ二周目プレイ決定だよ!
うわあああん!!!



以下、感想です。


まずね、DSのスペックに耐えてよく頑張った。感動した。
音もDSの限界を越えた美しさだったし、
あのポリゴン数の低さであの表現力、凄いと思いました。
しかもキャラの縁取りが筆絵みたいになる関係上、
その処理はどれだけ容量食うんだろうとか、
(あらかじめ黒い縁取り書いておいて、透過させてる?)
そういうハード周りとかプログラム周りの事は
全く詳しくないけど、あれら全てをDSに入れ込むのは
限界への挑戦だったんだろう事は分かりましたよ!


思えば、そもそも大神というゲームは
現状のゲームハードで出来る事の
ニ~三歩先んじたゲームシステムなんだろうね。
さすが神谷ディレクター作品。
※『大神』だけね。『大神伝』は別の人ね。

美麗なグラフィックはPS系列で可能だけど、
のびのびと描く筆しらべはそれこそDSに向いている。
(Wiiだと筆しらべ操作が細かく感じちゃうと思うんだよね俺)

DSの解像度が上がるか、PSシリーズが革命を起こすか。
大神シリーズはそれから本当の姿を見せる事が出来ると思う。
それまで続くといいな。
かといって続きすぎると世界観壊れるしな。
むう。



以下、ネタバレです。長いです。

category
ゲーム

ゴシックsⅡ×ピーターロール

大神伝、玉手箱で買った。
かわゆす。
クニヌシもチビ公も良い子すぎて可愛い。
大神ではツボを壊し、木を切り倒し、穴を掘り、
全員に体当たりをかまし、墨で塗り、超速で走り回り、
と、傍若無人の限りを堪能したのですが、
大神伝ではそれらがあまり出来ません。
きっとDSのスペックの問題チビ公が良い子だからだね!

ネタバレになりそうな気がするけど、
クニヌシって……その、大国主神の事だよな?
となると神話的にはちゃんと……
あれ、なんだけど、おやあ?
…………はっ! いとこ?

菅原さんは怨霊としての登場なんだね。
神様としての登場じゃないんだね。
あらみたま! しずまりたまへ!
かみなりとか あぶないよ!

あとチビ公は誰の子なのかという。
でも神様って割と細胞分裂的に増えるしな。
血とか汚物からも生まれるしな。
良く分からないけど、唐突に出てくるしな。
きっとチビ公も、アマ公の吐いた毛玉とかから生まれたんだ。
よしよし。

伊勢神宮に行きてぇえええ。



以下、ゴシックsⅡとピーターパンエンドロールのネタバレあり。
category
小説
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。